コロンボ日本人学校

「光り輝く島」スリランカにある日本人学校

.

TEL.+94‐11‐2669620 FAX.+94‐11‐2669621

E‐MAIL. jscol@sltnet.lk


学校の紹介
学校正式名     コロンボ日本人学校
現 地 名      JAPANESE SCHOOL IN COLOMBO
設  立      昭和41年(1966年)9月2日
設置・運営    コロンボ日本人会・学校運営委員会
電話番号     +94-11-2669620
ファックス    +94-11-2669621
E-MAIL      jscol@sltnet.lk


 本校は,スリランカ最大の都市コロンボから10㎞ほど離れたところにある首都,スリジャヤワーダナプラコッテに向かう幹線道路の途中に位置し、日本国大使館は3キロくらい離れたところにある。スリランカ日本人会の長年の悲願であった自前の校舎が完成し,平成14年4月から新校舎での教育活動を始めている。
 日本人の多くは、コロンボ中心近くのマンションに住み、そこから自家用車あるいは2台のスクールバスで通学している。児童生徒数は50人を超えていた時代もあったが最近は、20人から30人台で推移している。
 教育課程は日本の基準を基にしているが,在外教育施設という特性から,基礎教科に重点を置きつつも,他の教科を含め,弾力的な編成を行っている。全学年に週3時間のネイティブの英会話講師による英会話の授業と,年間を通した水泳指導を近くのスイミングクラブを借りて行っている。
新教育課程完全実施を踏まえ,「生きる力」を「国際社会で生き抜く力」と置き換え,知・徳・体バランスのとれた「自ら考え 心身ともにたくましく 国際社会で活躍できる児童・生徒の育成」という学校目標をさらに意識した教育課程を計画し実践している。
 真の学力定着のため,「体験学習」を重点とし,各学年の実態に応じて取り組んでいる。「体験」したことを「経験」として取り入れ,さらに,その経験を生かし,将来出会うであろう様々な課題に力強くチャレンジしてくれることを願っている。
 また,今年度もコロンボタイムという7校時目の授業時間を特設し,「基礎」「発展」「体力向上」をねらった取り組みも行っている。「基礎」では習熟度別に読み書きに力を入れた英語,「発展」では教科横断及び発展的学習やIAの授業,「体力向上」ではサッカークラブの活動等を実施している。国際理解・現地理解を基盤とした総合的な学習の時間では,スリランカの文化に触れることを重視し,現地講師を招いての舞踊や太鼓演奏に取り組んでいる。特別活動では,児童・生徒会の活動や委員会活動を通して,互いに認め合い,教えあう態度を培っている。また,現地理解教育の一環として,現地校との交流にも力を入れて充実を図っている。 
 日本人としての基礎をもとに,国際感覚を身に付け,国内,国外どこにおいても活躍できる児童生徒の育成を目指している。

創立三十周年を記念して校章が制定されました。

コロンボ日本人学校校章
校章デザイン 佐久間 敏夫

〔図案について〕
 コロンボ日本人学校は、スリランカという自然に恵まれた国にあり、小学部と中学部と教師が協力し合いながら素晴らしい学校生活を送っています。中央左側の3人がそれを表しています。
縦に並んでいるJSCはJAPANESE SCHOOL IN COLOMBOの頭文字です。Jは、スリランカの澄んだ青空の青色で染めました。Sは熱い太陽の赤色、Cは恵みの大地の緑色で 染めました。
 この色はまた、児童・生徒・教師のさわやかさと情熱とやさしさの象徴としての色でもあります。 椰子と太陽は、父母や日本人会のみなさま、つまり学校を取り巻く環境を意味しています。椰子は強すぎる日差しから子ども達を守ってくれます。喉が渇けば水分も補給できます。太陽は自然の恵みの根源です。
 こうした学校を取り巻く環境に温かく見守られながら、この学校がますます発展していってほしいという願いのもとに描きました。
 校章旗の方は、布地にはスリランカの伝統工芸であるバティックの技法を生かし、シルクスクリーンの鮮やかな色彩で作成されています。